LLC航空券を購入する前に

- LLC航空券を購入する前に

LLC航空券を購入する前に

様々な理由で飛行機を利用する人も多いと思いますが、航空券を購入する前には色々と注意する点があります。
最近は格安航空券を利用する人が増えていますが、この安い航空券には気をつける点があります。
正規航空券と比べてサービス内容が異なることがありますので、今一度確認しておくといいでしょう。

LCC航空券について

旅行ケースを持つ人
格安航空券と言えば、LCC「ロー・コスト・キャリア」の航空券を利用する人も少なくありません。
LCCの航空券は正規航空券と比べ、かなり安い価格のものも少なくありません。
しかし実際に表示された金額だけでは済まない場合があるのが、LCCの特徴とも言えます。
正規航空券と違い、LCCには表示された料金以外の付加料金が存在することを忘れてはいけません。
LCCには様々な付加料金がありますが、そのなかで重要なのが手荷物の料金です。
この手荷物料金が、正規航空券と比べて大きく異なります。
LCCの場合、航空券を購入する前に、事前予約をするかしないかによって受託手荷物料金が変わります。
受託手荷物というのは、空港にあるチェックインカウンターで預ける荷物を言います。

LCCの受託手荷物料金

LCCでは、この受託手荷物料金の取り扱いが異なり、次の3つのグループに分類されます。
運賃・受託手荷物料金2種の「ジェットスターなど」、受託手荷物なし運賃・受託手荷物あり運賃2種の「ピーチなど」、そして全運賃に一定の受託手荷物料金が含まれている1種の「スカイマークなど」があります。
これら会社の受託手荷物は事前予約が必要であり、事前予約しないで当日に預けてしまうと高額な手数料を請求されます。
また、予約時は手荷物の重量も大切です。
予約日よりも重量が多いと、さらに追加料金を支払う必要があります。
LLCを利用する場合、特に注意する必要があります。

機内サービス

正規航空券と比べ、LCCは機内サービスも大きく異なります。
正規航空券では当たり前であった無料サービスが、LCCでは無料ではなく有料であることも少なくありません。
そのためLCCの航空券を購入する前に、飲み物、食事、機内でのクレジットの使用可否、ブランケットの有無などを確認しておくといいでしょう。
このように正規航空券と比べ、格安チケットを提供するLCCは、機内サービスも大きく異なりますので注意しておいてください。
実際に格安航空券を購入する際の購入方法については別ページをご確認ください。

購入する前に確認しておいてください

飛行機を利用する場合、格安な航空券を利用する人も少なくありません。
格安チケットは、正規航空券と比べて色々と異なる点が多いです。
そのため、航空券を購入する前にしっかり確認おくことが大切です。

≪ 前の記事:
: 次の記事 ≫
△PAGE TOP