格安航空券少しでも安く買うには

- 格安航空券少しでも安く買うには

格安航空券少しでも安く買うには

格安航空券を入手することで、飛行機を安く利用できます。
それぞれの航空会社によって航空券の価格は異なりますが、できるだけ安く買いたい人も多いはずです。
ここでは、格安チケットを少しでも安く購入する方法を紹介します。

出発日の直前に購入する

滑り込み
少しでも安いチケットを手に入れるには、出発日の直前に購入するといいでしょう。
出発日の直前購入は確実な方法とは言えませんが、普通に購入するよりも安く買える可能性があります。
格安チケットは、それぞれの旅行会社が売り切れなかったチケットのことを言います。
そのためもし運が良ければ、早割チケットよりも安く買えることもあります。
しかしこの格安チケットをターゲットにしても、最終的には売り出されない場合もあります。
また、ゴールデンウイーク、お盆、夏季休暇、年末年始など、利用者が多い時は難しいです。
それゆえ格安チケットを購入できなかった時は、正規の購入券を買う必要があります。
この方法はギャンブル的な要素はありますが、当たれば大きいので選択肢の一つに入れておくといいかもしれません。

他の航空会社間でのシェア確認

格安チケットを販売している航空会社では、コードシェアという方法を採用しています。
これはそれぞれの航空会社が共同で安いチケットの販売を行い、満席に満たなかった時に、どちらか一方でフライトを行うシステムです。
このシステムでは、実際にフライトを行う航空会社のチケットが安い場合が多いです。
しかし例外もありますので、必ず両社のチケットの価格を確認しておいてください。
コードシェアで販売されたチケットであれば、他の航空券よりも安く購入できる可能性が高いです。
どの航空会社を利用するか、それらも航空券の選び方として非常に重要です

フリープラン

できるだけ安いチケットを購入するには、旅行会社のフリープランの利用もオススメです。
旅行会社によってその種類は様々ですが、その中には驚くほど安いプランが提供されていることがあります。
例えば「宿泊代込み」の、安い価格が掲載されていることも少なくありません。
その中には航空券の価格と比べて、宿泊代込みの料金の方が安いプランもあります。
このようなプランを利用すれば、普通に格安チケットを購入するよりもさらにお得になります。
条件の良いフリープランがあれば狙ってみるのもいいでしょう。

自分なりの方法を

航空会社では様々な格安航空券を提供していますが、できるだけ安く購入したい人も多いはずです。
この場合様々な方法が考えられますが、人とは違う方法を採ることが大切です。
上記で紹介した方法を参考にして、自分なりの方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

△PAGE TOP