格安航空券を購入する前の確認事

正規航空券と比べ安く飛行機を利用できることで人気のある格安航空券、最近は利用する人も増えています。
このような格安チケットは一般的な航空券と比べて安く、また手軽に利用できるのが魅力です。
しかし、正規航空券と比べてデメリットなどもありますので注意する必要があります。

日程変更の問題

正規航空券と比べて利用料金が安いのが魅力なのが格安チケットですが、日程変更の問題があります。
格安チケットの場合、一度予約した航空券の日程を変更できないものが多いです。
格安チケットはツアー用のチケットとして提供していますので、基本的に日程変更できないのが特徴です。
要するに、一度出発日、帰着日、飛行機の便を決定したら、あうとはその便に乗るしかないというのが一般的です。
都合によりその日に行けなくなった時は、一度キャンセル扱いになります。
当然のことながら払い戻しはできませんので、支払った料金は返ってくることはありません。
そのため、新たに航空券を買うことになります。
また格安チケットの中には後から日程を変更できるものもありますが、それは復路だけで、その場合も所定の手数料が必要です。
格安チケットを購入する際は、日程の面に注意してください。
購入する際は事前の情報収集として、~格安航空券モール 国内線の最安値検索サイト。最短3時間前まで予約可~と言った格安航空券が購入できる様々なサイトを利用してみることをお勧めします。

シーズンとオフシーズン

格安チケットは、シーズンとシーズンオフの変動幅が大きいのも特徴の一つだと言えます。
格安チケットには割引率がありますが、この割引率が、利用する便や季節によって大きく変動することが多いです。
航空券の中には、正規航空券の90%引きなどの安いチケットもあれば、50%程度と少し高めに設定されている航空券もあります。
これは、それぞれの航空券に事情によるところが大きいです。
週末など、旅行会社のツアー料金が高くなる場合は値段が高くなります。
そのため、正月、お盆、ゴールデンウイークなど、多くの人たちが飛行機に乗る時期は、たとえ格安チケットと言ってそんなに安くないのが現実です。
また、航空会社が提供している正規割引航空券よりも高くなるといった、逆転現象が生じることも少なくありません。
なお、LLC航空券を購入する前の注意点については別ページをご確認ください。

マイルの問題

安い価格の航空券は、正規航空券のようなマイルが貯まらないのも大きなデメリットと言えます。
格安チケットのマイルは、距離の50%程度が相場と言われています。
その中には0%など、マイル加算がまったくないものもありますので気をつけてください。
飛行機を安い料金で利用できることで人気のある格安航空券、しかしデメリットなども多いので注意する必要があります。
安い価格の航空券を購入する場合、事前にデメリットなどをしっかり確認しておくといいでしょう。

今一度確認しておいてください

正規航空券と比べて、格安チケットは色々と異なる点があります。
安い価格の航空券を利用する時は、デメリットなどを今一度確認しておくことをオススメします。

新着情報

◆2017/07/11
国内大手航空会社の格安航空券を利用する前に知っておくべきことを新規投稿しました。
◆2017/04/07
格安航空券を購入する前の確認事の情報を更新しました。
◆2017/03/30
航空券の選び方の情報を更新しました。
◆2017/03/30
格安航空券少しでも安く買うにはの情報を更新しました。
◆2017/03/30
航空券の購入方法の情報を更新しました。
△PAGE TOP